レビトラの優れた勃起効果を詳しくチェック

レビトラはどうやってED症のペニスを勃起させているのか?
一般的に男性の勃起機能とは、まず視覚・聴覚・肌の感覚などから受ける性的刺激を敏感に受け取って、それを神経伝達物質である男性ホルモン・テストステロンが脳まで情報として伝える事で始まります。すると脳内のホルモンが活性化して一時的な性的興奮状態に至ります。心因性EDの場合はここまでの部分に障害があって、性的興奮に至らないのです。そして性的興奮状態で脳下垂体からペニスへと勃起指令が発せられます。その指示を受けて筋肉弛緩物質・cGMPが分泌されて、陰茎海綿体の平滑筋が弛緩し、動脈を始めとする陰茎内の全ての血管が拡張されて、大量の血液が流れ込んで勃起状態に至る訳です。ただし、この時にペニス内にはcGMPを分解してしまう酵素・PDE-5も同時に働いていて、射精をキッカケに減少するcGMPを一気に分解しきって、それでペニスは萎えていきます。そこで勃起力の弱いED症状の方は、cGMPの分泌量が少ないとされています。つまり、PDE-5の働きが勝って勃起できないとか中折れを起こします。レビトラの有効成分バルデナフィルは、このPDE-5の働きを妨害して、フル勃起状態をキープさせます。ですから、脳が興奮状態で適量のcGMPの分泌を行っている間は萎える事がありません。

レビトラはED治療の利用価値が高い!
レビトラ錠は現在10mgと20mgのタブレットが使用されていますが、効果はバルデナフィルの配合量に比例します。つまり服用後の効果発揮タイムラグは20mgですと15分まで短縮されますし、効果持続時間も10mgで5時間前後、20mgでは10時間まで継続するという訳です。またバイアグラでは食事による影響が大きく、できるだけ空腹時に服用するように勧めていますが、レビトラはあまり関係ありません。これは性行為に入るタイミングで神経質にならなくて良いというメリットになります。特にED症の方はちょっとしたストレスや緊張・焦りで勃起不全になりがちです。その点ではED治療での利用価値が高いのです。