手軽に続けることができるジェネリック

食事の影響を受けにくいレビトラ

ED治療薬として有名なバイアグラですが、その素晴らしい効果とは裏腹に食事の影響を受けやすいというデメリットがあります。
後発薬として、バイアグラのデメリットを改善したのがレビトラです。
食事の影響をまったく受けないわけではありませんが、あっさり目の食事であれば食事後であっても大丈夫です。
もちろん、空腹時のほうが効果が出やすいのはバイアグラと同じですので、効果を実感したいという方は空腹時か食後2時間後に服用することをおすすめします。

レビトラの価格

食事の影響をそれほど受けず、腹八分目であれば食後の服用もOKで、短時間で効果を発揮することができる良いED治療薬ですが、ただ一つネックとなるものがあります。
それは、日本でレビトラを手に入れるには、クリニックで診療を受けなければならないこと、そして保険適用外であるためすべて自費で支払わなければなりません。
そのクリニックにもよりますが、10mgで1,500円、20mgで2,000円程度するため、気軽に試せるような価格ではありません。

個人輸入で手に入るレビトラのジェネリック

そこで人気となっているのがレビトラのジェネリックです。
日本の正規品は10mgで1,500円前後しますが、海外のジェネリックであれば、その10分の1程度の価格で手に入れることができます。
購入するのに処方せんの必要もないため、通院の必要もなく安価に手に入れることができるとジェネリックを選ぶ方が多くなっています。
海外の医薬品であっても、個人輸入代行サービスを活用すれば、日本にいながらにして海外の医薬品を手に入れることができるので便利です。

有効成分は同じ

ジェネリックだからといって成分が違うわけではありません。
同じ有効成分が配合されているため、同じ効果を期待することができます。
非常に安価に手に入れることができ、レビトラのすぐれた効果を実感できるのですから、ジェネリックを利用したいという方が増えるのも納得です。
ただ、海外の医薬品を購入する場合は、信頼できる個人輸入代行サービスを選ぶことが大切です。