レビトラはジェネリックもあります

途中で萎えてしまう

年齢を重ねてしまったり、仕事で忙しいなどの理由で性行為が最後まで出来ないことがあるでしょう。
せっかく勃起しているが途中で萎えてしまい、奥さんや彼女をがっかりさせる。
また自分自身も不安になります。
そんな時にED治療薬に頼るのもおすすめです。

レビトラが良いと言われている

いくつか種類があるのですが、途中で萎えてしまう時はレビトラが良いと言われています。
病院へ足を運び先生に処方してもらう方も多いですが、金額が高いと感じるかもしれません。
一時的な利用であれば良いですが、性行為をするたびに使用をすると萎えなくなったのはよいが、金銭的に厳しくなってくるでしょう。

ジェネリックもあるので利用しよう

ジェネリック商品を購入することが出来ますので、利用するのも良いでしょう。
病院では処方されていないので、インターネットなどを通じて購入することになります。
レビトラは10mgか20mgの2種類ですが、どちらを飲めば良いのか初めは分からないと思いますので、まずは病院にかかることをおすすめします。
若い方ですと10mgを処方されることが比較的多いです。
しかし年齢問わず10mgで効果が出る方もいるので、自身がどちらが適しているかを先に確認をしておきます。
沢山の量を飲みすぎると、効果が出過ぎてしまい頭痛がするなど副作用が長時間出るなど、体に負担もかかってしまうので注意をしたいです。

金額の比較

金額についてはさまざまですが、病院では1錠10mgは1500円、20mgは2000円と言われています。
ジェネリックですと1錠20mgが100円ほどで売られているので非常に安いです。
毎週1回性行為をする場合は、20mgで計算すると1か月8000円の所が400円になるので、つい飛びつきたくなりますね。
ただ個人で購入しますので、20mgで間違いないかなど購入する商品をよく確認するようにしましょう。
また病院の先生から言われた注意事項も守るようにし、ジェネリックも同様に安全に服用をするようにしてください。