海外に目を向けるジェネリック商品

日本にレビトラが登場

レビトラは、2001年12月に申請を厚生労働省に行い製造及び販売が許可され、2007年7月には5mg錠、10mg錠、あるいは20mg錠の3タイプ全ての販売が許可されました。
そもそも、その医薬品はバルデナフィルを含有しており、この医薬品の効果は血管を拡張させる作用によって血液の流れを円滑にする成分が含まれているので、結果的にEDに関する悩みを解消、あるいは軽減する事が可能となる訳です。

レビトラのメリット

しかし誤解してほしくないのは、性的な何らかの刺激が無ければ勃起する事は有りませんので、前夜に飲んだレビトラのせいで職場であるいは、客先で恥ずかしい思いをしなくても済むのはメリットと言えるでしょう。
レビトラは税込みで10mg1錠を1500円、そして20mgを税込みで2000円で売られており、最古参のEDの治療薬と余り変わりませんが、当該の医薬品では事前に軽食であればレビトラ本来の効果を存分に発揮出来ると考えられます。
また、効果が継続する時間は10mg錠ではおよそ5時間から6時間程度で、20mg錠では8時間から10時間前後であると考えると良いでしょう。

レビトラのジェネリック医薬品の日本国内での状況

この様な話を聞いていると、レビトラのジェネリック医薬品は国内では製造・販売していないのだろうかという疑問が生じるのは当然かも知れません。
その答えは現状では厚生労働省の認可が下りているかという意味では、日本国内のED治療クリニック等を医療機関から入手するという事は、今の所困難を極めます。

個人輸入代行業者を利用する手もある

どうしても当該の医薬品のジェネリックが欲しいという場合には、海外に目を向けると良いかも知れません。
何故なら海外では既にジェネリック医薬品が販売されており、安価に入手可能だからであり魅力的に写るでしょう。
購入したい場合には、個人輸入代行業者を利用する方法が簡単です。
しかし海外の医薬品には正規品を入手する事が難しいという課題があり、正規品を配送して来ないケースも見られますから注意して、出来るだけ信頼のおける業者を利用する様にしましょう。
また、日本国内でも製薬会社間の競争は激しいので、国内で安価に入手する日はそう遠くないかも知れません。