レビトラのジェネリックでガツンと効かせる

即効性が最も高い

レビトラの有効成分は塩酸バルデナフィル水和物というもので、水和物ということもあり、非常に水に溶けやすい特徴があります。
そのため、バイアグラやシアリスなどのED治療薬と比べても、最も効き目が早く、空腹時なら服用後20分程度で作用してきます。
そのため、短時間で効く即効性を期待する方に選ばれています。
持続時間は10mgなら5時間程、20mgなら最大10時間程度が期待できるでしょう。

ジェネリックなら始めやすい

レビトラにはバリフなどのジェネリック医薬品も登場しています。
先発薬と同様の成分と同等の効果を持ちながら、お値段が安いのがメリットです。
ED治療薬を使ってみたいけれどコストが気になるという方にとっては、お値段が安い分、使い始めやすいのではないでしょうか。
インターネットサイトを利用すれば、処方箋も不要で自宅にいながらいつでも注文できるので、まずはお試しで購入してみるといいかもしれません。

気になる副作用

レビトラとそのジェネリック医薬品は、あくまでも薬であるため副作用が生じる可能性があります。
どの程度の副作用が生じるかは、その方の体質などによって異なり個人差があります。
もっとも、即効性が高く、よく効く分、副作用は出やすいほうで約9割の方に何らかの副作用が発生します。
よくある症状としては顔のほてりや目の充血、鼻づまり、頭痛、動悸などです。
あまりに酷い場合は即刻使用を中止して、必要に応じて医師の診療を受ける必要があります。
我慢できる程度であれば、使って行くうちに慣れていきます。

服用のタイミングを知っておく

レビトラはもちろん、そのジェネリック医薬品も服用のタイミングというのが大切です。
性行為の1時間前、できれば空腹の時が望ましいです。
ただし、バイアグラなどに比べると食事の影響を受けにくく、少量であればアルコールを飲んでも効き目が悪くなることはありません。
ただし、有効成分の働きにより血行が促進され、アルコールの周りまでよくしてしまうので、お酒に弱い方は飲まないほうが無難です。