レビトラのジェネリック薬を安全に使うために

ジェネリック薬のレビトラとは?

ED(勃起障害)の治療薬としてはバイアグラが有名です。
それに引き続いて登場したのがレビトラという薬で、バイアグラよりも即効性があります。
最近ではジェネリック医薬品でこの薬が販売され始め、個人購入も可能となりました。

バイアグラと比べた時の効果

ジェネリック医薬品の特徴は、有効成分や効き目が同じです。
異なるのは商品の名称だけで、オリジナルの商品よりも安く購入可能です。
新薬のように開発のコストが上乗せされていないので、製薬の際にコストを抑えた製造が可能なのです。
レビトラとバイアグラを比べた時、薬効は同じ効果が期待できる上、バイアグラよりも即効性があるという報告もあります。

ジェネリックでレビトラを買う時の注意点

ED治療薬である病院処方のレビトラは、残念ながら健康保険が使えません。
つまり、薬代は全額自己負担になってしまいます。
ジェネリックのレビトラの方も病院では処方してもらえません。
そこで期待できるのがネットでの個人輸入という方法です。
ただ、注意しなければならないのは海外版のジェネリックとして販売されていたものの中に、ED治療に効果を発揮するバルデナフィルという成分が含まれていなかったという事例もあるということです。
個人輸入をする場合には、信頼のおけるサイトから購入することを心がける必要があります。

レビトラジェネリックの詳細はこちらでご確認ください。

個人輸入代行を利用する時も細心の注意を払う

日本国内で効果が確認されているED治療薬は、原則として医師の処方箋を受けなければいけない医療用医薬品に分類されています。
EDの治療を受けに病院に行くのは恥ずかしいという気持ちは大きいかもしれません。
そういう人達のために、個人輸入代行業者を利用して薬を入手するルートも整ってきています。
営業目的で海外の医薬品や化粧品を輸入するためには、薬事法の決まりにより厚生労働大臣の許可を得なければいけません。
しかし、個人で使用するためだけに輸入するのであれば、厚生労働大臣の許可は免除されます。
なので個人輸入代行業者を通して購入、使用するのはそれほど難しいことではありません。
しかし、それは全て自己責任のもとで成り立っているので、利用する時には細心の注意を払う必要があります。

ED治療を受けられるのはクリニック

ED治療はクリニック

ED治療を受けられるのはクリニックしかありません。
美容・育毛などのケアは、通常の美容施設であるサロンで受けることができますが、EDなどの治療に関するものはクリニックでしか受けることはできないのです。
クリニックを利用するメリットは、医療資格を有した医師の検査を受けられることです。医学的根拠に基づいた治療を受けることができますし、原因を特定できるので日常生活で気をつけるべきポイントもわかります。

ED治療薬

EDを治すためには、バイアグラ、シアリス、レビトラなどを主体として、生活を改善していきます。
精神疾患を併発している場合ですと、精神安定剤を服用するような場合もあるでしょう。ストレスが原因でペニスが立たなくなることは多く、この場合はレビトラなどを服用しても根本解決にはなりません。
ストレスを解消していくケアが必要になりますが、自力だけで解消できる状態にないときは、薬(ジェネリックを含む)の力を借りることになります。

ストレス対策

ストレス対策では、まずは蓄積しているストレスを解消していくことがポイントとなります。
ストレスが蓄積している状態では、自力でストレス解消につとめてもあまり効果が出ないのです。
精神安定剤を服用し、場合によっては睡眠薬を導入することもあるでしょう。
寝不足が続くとストレスが溜まり、それによりペニスの元気がなくなることもあります。30代ですでに勃起力が弱いという方は、生活習慣の乱れ、ストレスに原因がある可能性が高いでしょう。

レビトラジェネリックの安全性について

レビトラジェネリックとは

レビトラとは、ドイツのバイエル社が開発したバイアグラに続くED治療薬です。
ジェネリックとは、新薬の特許が切れた後に同一成分で製造される医薬品です。
つまりレビトラジェネリックとは、ED治療新薬として誕生したレビトラの有用成分バルデナフィルを含有して製造された同一の効果が期待できる薬ということになります。
大きな特徴の違いは薬価で、ジェネリック医薬品は価格が安いので新薬の半値以下で購入できます。

インド製のみ国内製はない

レビトラジェネリックは製薬会社が製造しているため、安全性は保証されています。
しかし現時点では国内製薬会社は製造しておらず、販売されているのは全てインド製薬会社の製造のものになります。
というのも、新薬の特許には物質特許と製法特許があるのですが、インドではこのうち製法特許しか認められていません。
つまり、特許期間中の新薬でも製法を真似なければ、それは違法には当たらないのです。
これはインド独特の特許法で、日本を含む他国では認められていません。
よってインド製のみが存在することになります。

購入は個人輸入で

レビトラジェネリックは現日本において販売が認められていません。
しかし個人輸入で海外から直接購入をするというシステムなら、日本国内に居ながらでも法に触れることなく入手することができます。
個人輸入とは、消費者自らが海外から商品を直接購入する方法です。

偽物に注意しよう

個人輸入を活用する時には個人輸入代行業者を通すのが一般的です。
しかし個人輸入代行業者も数多く存在するため、何処を介して購入するのかきちんと見極めなくてはなりません。
万が一、誤った選択をしてしまうと偽物をつかまされてしまう可能性もあり、大変危険です。
もしも偽物を購入してしまうと、効果が期待できないのはもちろん、どんな成分が配合されているのか分からないため健康被害も懸念されるでしょう。
よって、信頼できる個人輸入代行業者を介するということを前提において購入してください。

安価でも効果は薄くないジェネリック

EDは医療機関で治療できる

EDは、男性にとって非常に深刻な悩みです。
ストレスや疲れなど、ちょっとしたことが原因となることも多いですが、パートナーへの気遣いや羞恥心、自信喪失などによって、さらに重い症状に陥る場合もあります。
悩みの種類がデリケートなだけに、誰かに相談することもできず、自分ひとりで抱え込んでしまうと、どんどん追い詰められてしまうでしょう。
近年では、EDによく効く薬も開発されていますし、医療機関で処方してもらうことも可能になっています。
自分だけで解決しようと焦らずに、相談してみるのも良いでしょう。

日本でも認可済のレビトラ

EDの治療薬としてまず思い浮かぶのは、バイアグラではないでしょうか。
発売されるや否や、世界中に爆発的に広がりました。
それだけEDに悩んでいた方が多かったということです。
そして、このバイアグラの次に、レビトラというED治療薬が誕生しました。
日本でも2004年に認可されています。
有効成分のバルデナフィルは、血管を拡張させる物質を壊す酵素の働きを抑制する作用を持っており、これにより血管が広がりやすくなり、海綿体に血液がスムーズに流れ込むことになるというメカニズムです。

ジェネリック品が安いワケ

非常に効果的な上、食事の影響を受けにくいとして人気を集めているレビトラですが、自由診療での処方となりますので、大変高価なのがネックとなります。
医療機関によって異なりますが、一錠数千円という値段になることもあるほどです。
これでは利用しにくいと感じても無理はありません。
それならば、ジェネリック品を利用することを考えてみてはいかがでしょう。
ジェネリック品は大変リーズナブルなのが魅力ですが、これは効き目が弱いから安いのではありません。
先発薬のノウハウをそのまま利用することで、開発費や研究費といったコストを削減できるために、安価で販売できるのです。

同じ成分、同じ作用

レビトラのジェネリック品も販売されています。
有効成分はバルデナフィルで、レビトラと全く同じですので、同じ効果が期待できます。
バルデナフィルは即効性があるところが魅力のひとつです。
性交の1時間ほど前に服用するのが効果的でしょう。
ただし、用法、用量を必ず守るようにしなければなりません。
多量に服用しても、効果が長続きしたり、より効果が高まったりすることはないのです。