安価でも効果は薄くないジェネリック

EDは医療機関で治療できる

EDは、男性にとって非常に深刻な悩みです。
ストレスや疲れなど、ちょっとしたことが原因となることも多いですが、パートナーへの気遣いや羞恥心、自信喪失などによって、さらに重い症状に陥る場合もあります。
悩みの種類がデリケートなだけに、誰かに相談することもできず、自分ひとりで抱え込んでしまうと、どんどん追い詰められてしまうでしょう。
近年では、EDによく効く薬も開発されていますし、医療機関で処方してもらうことも可能になっています。
自分だけで解決しようと焦らずに、相談してみるのも良いでしょう。

日本でも認可済のレビトラ

EDの治療薬としてまず思い浮かぶのは、バイアグラではないでしょうか。
発売されるや否や、世界中に爆発的に広がりました。
それだけEDに悩んでいた方が多かったということです。
そして、このバイアグラの次に、レビトラというED治療薬が誕生しました。
日本でも2004年に認可されています。
有効成分のバルデナフィルは、血管を拡張させる物質を壊す酵素の働きを抑制する作用を持っており、これにより血管が広がりやすくなり、海綿体に血液がスムーズに流れ込むことになるというメカニズムです。

ジェネリック品が安いワケ

非常に効果的な上、食事の影響を受けにくいとして人気を集めているレビトラですが、自由診療での処方となりますので、大変高価なのがネックとなります。
医療機関によって異なりますが、一錠数千円という値段になることもあるほどです。
これでは利用しにくいと感じても無理はありません。
それならば、ジェネリック品を利用することを考えてみてはいかがでしょう。
ジェネリック品は大変リーズナブルなのが魅力ですが、これは効き目が弱いから安いのではありません。
先発薬のノウハウをそのまま利用することで、開発費や研究費といったコストを削減できるために、安価で販売できるのです。

同じ成分、同じ作用

レビトラのジェネリック品も販売されています。
有効成分はバルデナフィルで、レビトラと全く同じですので、同じ効果が期待できます。
バルデナフィルは即効性があるところが魅力のひとつです。
性交の1時間ほど前に服用するのが効果的でしょう。
ただし、用法、用量を必ず守るようにしなければなりません。
多量に服用しても、効果が長続きしたり、より効果が高まったりすることはないのです。