レビトラのジェネリック薬を安全に使うために

ジェネリック薬のレビトラとは?

ED(勃起障害)の治療薬としてはバイアグラが有名です。
それに引き続いて登場したのがレビトラという薬で、バイアグラよりも即効性があります。
最近ではジェネリック医薬品でこの薬が販売され始め、個人購入も可能となりました。

バイアグラと比べた時の効果

ジェネリック医薬品の特徴は、有効成分や効き目が同じです。
異なるのは商品の名称だけで、オリジナルの商品よりも安く購入可能です。
新薬のように開発のコストが上乗せされていないので、製薬の際にコストを抑えた製造が可能なのです。
レビトラとバイアグラを比べた時、薬効は同じ効果が期待できる上、バイアグラよりも即効性があるという報告もあります。

ジェネリックでレビトラを買う時の注意点

ED治療薬である病院処方のレビトラは、残念ながら健康保険が使えません。
つまり、薬代は全額自己負担になってしまいます。
ジェネリックのレビトラの方も病院では処方してもらえません。
そこで期待できるのがネットでの個人輸入という方法です。
ただ、注意しなければならないのは海外版のジェネリックとして販売されていたものの中に、ED治療に効果を発揮するバルデナフィルという成分が含まれていなかったという事例もあるということです。
個人輸入をする場合には、信頼のおけるサイトから購入することを心がける必要があります。

レビトラジェネリックの詳細はこちらでご確認ください。

個人輸入代行を利用する時も細心の注意を払う

日本国内で効果が確認されているED治療薬は、原則として医師の処方箋を受けなければいけない医療用医薬品に分類されています。
EDの治療を受けに病院に行くのは恥ずかしいという気持ちは大きいかもしれません。
そういう人達のために、個人輸入代行業者を利用して薬を入手するルートも整ってきています。
営業目的で海外の医薬品や化粧品を輸入するためには、薬事法の決まりにより厚生労働大臣の許可を得なければいけません。
しかし、個人で使用するためだけに輸入するのであれば、厚生労働大臣の許可は免除されます。
なので個人輸入代行業者を通して購入、使用するのはそれほど難しいことではありません。
しかし、それは全て自己責任のもとで成り立っているので、利用する時には細心の注意を払う必要があります。