レビトラジェネリックの安全性について

レビトラジェネリックとは

レビトラとは、ドイツのバイエル社が開発したバイアグラに続くED治療薬です。
ジェネリックとは、新薬の特許が切れた後に同一成分で製造される医薬品です。
つまりレビトラジェネリックとは、ED治療新薬として誕生したレビトラの有用成分バルデナフィルを含有して製造された同一の効果が期待できる薬ということになります。
大きな特徴の違いは薬価で、ジェネリック医薬品は価格が安いので新薬の半値以下で購入できます。

インド製のみ国内製はない

レビトラジェネリックは製薬会社が製造しているため、安全性は保証されています。
しかし現時点では国内製薬会社は製造しておらず、販売されているのは全てインド製薬会社の製造のものになります。
というのも、新薬の特許には物質特許と製法特許があるのですが、インドではこのうち製法特許しか認められていません。
つまり、特許期間中の新薬でも製法を真似なければ、それは違法には当たらないのです。
これはインド独特の特許法で、日本を含む他国では認められていません。
よってインド製のみが存在することになります。

購入は個人輸入で

レビトラジェネリックは現日本において販売が認められていません。
しかし個人輸入で海外から直接購入をするというシステムなら、日本国内に居ながらでも法に触れることなく入手することができます。
個人輸入とは、消費者自らが海外から商品を直接購入する方法です。

偽物に注意しよう

個人輸入を活用する時には個人輸入代行業者を通すのが一般的です。
しかし個人輸入代行業者も数多く存在するため、何処を介して購入するのかきちんと見極めなくてはなりません。
万が一、誤った選択をしてしまうと偽物をつかまされてしまう可能性もあり、大変危険です。
もしも偽物を購入してしまうと、効果が期待できないのはもちろん、どんな成分が配合されているのか分からないため健康被害も懸念されるでしょう。
よって、信頼できる個人輸入代行業者を介するということを前提において購入してください。